「栄養士にできることはたくさんある」と、
広く発信していきたい。

所属部署名:グループB&I統括事業部 B&I東日本第1事業部
2015年入社
小瀧 麻未

健康の手助けになるお食事を、お客様に直接お届けしたい。

栄養士の勉強をしていた学生時代に、将来は「健康を維持するための食事をお客様に直接お届けできる職場で働きたい」と考えていました。コンパスグループはその両方の要素を持つ社員食堂でフードサービスを提供していたため、入社を決めました。現在は私の希望通り社員食堂で栄養士として勤務し、献立を作成したり、食数管理などを行なっています。

老若男女問わずさまざまな人が、昼休みという限られた時間のなかで利用する社員食堂は、みなさまの健康の手助けをできる場所。栄養バランスや彩りはもちろん、少ない待ち時間でメニューを提供するといった作業効率も考え、お客様の「おいしかった」という声を楽しみに、日々業務に取り組んでいます。

コミュニケーションを取りやすい職場。同期とのランチで仕事のヒント収集も。

「社員の人柄のよさ」も入社を決めた理由のひとつでしたが、入社後もそのイメージが変わることはありませんでした。上司や同期ともコミュニケーションが取りやすく、人に恵まれていると感じる場面が多いです。たとえば、新しいメニュー作成を調理師に依頼した際でも、まずはやってみようと前向きに取り組んでいただき、「どうしたらお客様がよろこぶ料理を提供できるか?」と、同じ目標に向かって一緒に進むことができていると感じます。

また、同期とランチに行ったときに、「この食材を社員食堂で提供するにはどうしたらいいんだろう?」「これは日々のメニューにも使えそう!」など、つい仕事の話になることも。今後も「食」に関するアンテナは常に高く持ち、得た情報は仕事に活かしていきたいと思っています。

栄養士チームのネットワークを固めながら、栄養士にできることを広く発信したい。

今後の目標は、栄養士の横のつながりを強化したいと考えています。社員食堂など各施設の栄養士は基本的に一人だけの配属となるため、専門的な相談や、悩みを共有できる環境作りに率先して取り組み、新入社員のフォローを手厚くできるようにしたいと考えています。
また、最近は健康を意識される方が増え、健康セミナーの講師として栄養相談を実施することで、健康維持に役立つ情報発信をする機会なども増えました。お客様から「セミナーを受けて食生活を改善しようと思った」などのリアクションをいただけたり、他の企業からセミナーの依頼を受けるときは本当にうれしいです。
個人としても食品衛生監視員など専門性の高い資格を取得し、「栄養士はこんなこともできるんだ」と、みなさまに知っていただきたいと思っています。

Contact

お問い合わせ

フードサービスの委託についてのご相談、ご依頼、
また弊社のサービスに関するお問い合わせは
下記のフォームから受け付けております。