子どもたちの毎日を支える、
安全とおいしさを届けたい。

所属部署名:グループシニアリビング統括事業部門 シニアリビング東日本事業部
2016年入社
髙橋 美樹

資格を活かして長く続けたい。子どもたちにおいしさを届ける仕事へ。

私はもともと、「食」とは関係のない一般職で働いていました。しかし、子どもが産まれたことをきっかけに、学生時代に取得した栄養士の資格を活かして長く働くことのできる会社に就きたいと考え、コンパスグループに転職をしました。
この会社を選んだ理由は、栄養士としての資格を活かせると思ったからです。当時は何もわからずに不安でしたが、店長や調理師が一から作業を教えてくださったので、ステップアップすることができました。
入社当時は老人ホームに配属となり勤務していましたが、「保育士になりたいという夢も持っていたので、いつか保育園で働きたい」という私の願いが叶い、現在は保育園の栄養士兼店長として調理やイベント食の献立作成、子どもたちへの食育指導などを担当しています。

少人数だからこそチームの意見を取り入れ、気持ちよく働ける環境に。

現在の配属先である保育園では、調理師、パートタイム従業員らを含むチームで働いています。少人数だからこそ、家庭状況や希望する勤務時間など仕事に必要な情報を共有して、周りのみんながカバーしあえるような体制を整えています。
チームのメンバーは、仕事上の悩みや「もっとこうしてほしい」といった要望などもオープンに話してくれるので、そうした声も積極的に取り入れて、現場の責任者としてみんなが気持ちよく仕事ができる環境づくりを意識しています。普段からコミュニケーションがとれて、みんなからの声を聞けるのはとてもありがたいです。また、忙しかった日は、持ち寄ったお菓子を食べながら、ざっくばらんに話すこともあり、息抜きの時間にもなっています。

できる方法をみんなで模索しながら、安全な「食」を届け続けたい。

様々な年齢の子どもたちと向き合っているため、例えば、消化吸収の面においても対応に気を付けなければならなかったり、個人の食物アレルギーの対応をしたりと、安全面には特に注意しています。しっかりとチーム全員で情報を共有し、徹底した管理を行っています。
また、季節のメニューやご当地メニューも定期的に作成しています。例えば、たこ焼きを作るときは、アレルギーなどに配慮し、市販のたこ焼き粉は使用しません。規定食材のなかで、いかにおいしく、子どもたちに喜んでもらえる食事を提供できるかがポイント。できない理由を並べるのではなく、できる方法をみんなで模索しながら上手くできたときの達成感は仕事のやりがいにもつながっています。

Contact

お問い合わせ

フードサービスの委託についてのご相談、ご依頼、
また弊社のサービスに関するお問い合わせは
下記のフォームから受け付けております。